徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

『まんぷく』は信頼と愛情を感じさせてくれる、良きドラマ

ドラマでいうと、NHKで放送している朝ドラ「まんぷく」がこれまた面白い。
遠足の朝を迎えるようなわくわくさが、毎朝ある。出勤前の楽しみになっている。
朝から笑顔にさせられるというのでしょうか。
主人公の立花萬平さんと福ちゃんのご夫婦の仲の深さとお互いを支え合っている部分に、
ほっこりとしてしまう。
毎回15分を観終えるたびに、心があたたかくなる。

もちろん話によっては、歯がゆいシーンや展開にムッとしてしまう内容もあったけど。
でも、立花塩業の従業員たちの信頼が強く萬平さんが描く夢にみんなが一緒になって

歩んでいる姿に応援したくなる。


萬平さんや周囲の人々を見ていると、信頼と愛情が描かれているから
萬平さんや福ちゃんの関係に愛おしくなるんだと思う。
従業員たちのことは家族のように慕い、信頼をしている。

萬平さんの親友?である世良さんは、従業員は切り捨ててもいいなんてこともあったが、萬平さんは彼らを切り捨てず、家族のように一緒に仕事を続けている。
東京支社を立ち上げたときは、学校を卒業していない若い従業員は
夜間学校に通わすなど、とても思いやりがあり、
人間味を感じさせてくれる。


仕事に夢中になると周りが見えなくなる萬平さんを支えているのは福ちゃん。
「萬平さんが叶えたい夢を応援したい」という福ちゃんの優しさ、
福ちゃんには無理をさせない萬平さんの気遣いに、夫婦の素敵な関係にあこがれてしまう。


福ちゃんのお母さん、鈴さんのキャラクターもキャラクターとしてこれまた面白い。
「私は、武士の娘です!」と何かにつけて、言ってくるのである。


武士の娘であることへの誇りに、文句を萬平さんや福ちゃんに言っては、開き直り……。
一時期は家出をして周りに迷惑をかけたことなんかも。
強気でいるけど何気にかまってちゃんな感じが、可愛らしい。
最近は、福ちゃんの亡き2番めのお姉さんの咲が夢の中に現れ、
鈴さんを納得させてくれていて、今では仏のような存在に。


立花塩業は現在は健康食品を作り、立花栄養食品という名前に変えて、
「ダネイホン」を大阪・東京で販売している。
もうひとつ展開が楽しみなのは、従業員の神部さんと鈴さんの孫のタカちゃんの関係性です。
タカちゃんはまだ高校生で、卒業したら神部さんと結婚することを考えていたけど、神部さんは東京支社へ行っちゃって…。タカちゃんが神部さんに想いを寄せているところが可愛くて仕方ない。そして、タカちゃんのお父さんは結婚させたくなくてタカちゃんを大学に行くよう提案しているけど……という流れ。

 

朝ドラにこんなにハマるとは思わなかった。人との繋がりがあったかくて、信頼があって人と社会は動いていることを改めて感じさせてくれます。

ドラマ振り返り

12月も中盤に入り、今期のドラマも最終話を迎えている。クールが終わるごとに次の新しいドラマをチェックも楽しい。10月シーズンは多めに録画してみた。


・SUIT
・僕らは奇跡でできいる
・獣になれない大人たち
・リーガルブイ
・黄昏流星群
・プリティが多すぎる
・ブラックスキャンダル 
・僕とシッポと神楽坂
・結婚相手は抽選で
・ドロ刑
今日から俺は


途中で観なくなってしまった(ため込んでいる)ドラマもある。1.2話観ただけでは、ドラマの面白さはわからないものだと思った。
人と違う部分は個性であり良さである、ハッと気づかされる。人の価値とはなんだろうか、と。常識に縛られてはいけないんだと。
主人公高橋一生が演じる相河先生の友人、虹一くんの7話のお話。虹一くんは、勉強したり本を読もうとすると逃げる癖があり、 詳しく聞いていくと字が読みづらい症状があることを知る。そのことを眼科で調べたら、光に対する感受性が強くて、文字を読もうとすると頭痛がすることがわかったと話すシーンがあった。


お母さんはそのことに気づかず、勉強ができないとダメ、周囲と遅れると普通じゃないという考えが虹一君を苦しめていた。虹一くんは障害を持ってんさるわけではなかったけど、みんなと違うことが生きづらかったんだと思うと胸が痛くなった。相河先生も少し人と違う部分があるから、虹一くんのお母さんに一生懸命に話す姿は感動ものだった。


社会のひとりとして生きていくために何を大切にして、どう生きていくのかを考えさせてくれるドラマだった。
あとは、自分にとっての当たり前が、誰かの当たり前とは限らない、ということを常に頭に入れておきたい。
『僕らは奇跡でできている』

見続けると内容が深くてドラマとしてものすごく面白い。

 

冬はお風呂であったまりたい

お布団の中がぬくぬくして、布団から出るのが辛い時期になひました。やっと12月らしい冬の寒さ。冬はお風呂に入るのめんどくさくなる、脱衣所が寒い。やっぱり冬は銭湯に行きたくなるものです。小さい頃、夜は毎晩お風呂やさんに行っていました。家のお風呂が寒いから、と。銭湯でお湯につかるのはいいものです。心と体が温まって、1日の疲れがどっと落ちます。

この間、高円寺で有名な小杉湯に行ってちょっぴり感動したこと。お金を払いに番台のところへいくと番台のお姉さんが、「いらっしゃい、姫」と出迎えてくれたのです。「姫…!」なんて言われるのは初めてかも…(笑)みたいな。男性には「いらっしゃいっ!王子」だった気がします。これは嬉しくなるね。素敵な出迎え方で感動しました。ここはミルク湯が人気で、濃くて真っ白なお湯が肌をすべすべにしてくれるのです。銭湯付近にはふらっと立ち寄れる居酒屋さんがあるから、お酒を片手におつまみを食べたくなるのです。
また、平日夜にゆっくりいきたいです。 東京、日本にはたくさんの銭湯があるから、訪れた場所の銭湯や温泉巡りもしていきたいなあ。
小杉湯、建物も昔ながらの雰囲気があり、ミルク湯は落ち着く香りがあり、風呂上がりには下町な通り飲み屋があり、ほんとに素晴らしい。ぜひ、「王子!姫!」と出迎えられて行ってらしてください。
東京で最後に行った銭湯は中目黒にある光明泉だったかしら。冬は銭湯であったまりたいのである。

ラジオのお供

ラジオライターさんが、以前越後製菓の「ふんわり名人 きな粉餅」というお菓子の画像がツイートされていて、止まらなくなるほど美味しいと呟かれていたので、どんなものかと思い買ったみた。

ふんわり名人は、小袋が6つの中に6つのきな子の実?が入ってる。一口食べてみた。口の中で溶ける、ふんわりと。これは……いままで食べたことのない新しいお菓子。きな粉の粉もこぼれないところも食べやすさのポイント。

一つ、二つ、三つ……。6つじゃ足りないので、2袋目へ。

また6つもペロリと食べてしまったので、3袋目に手をつけぬよう、ふんわり名人を片付ける。

袋の後ろに書いてあるカロリーを見た、普通のお菓子よりカロリーは高くなかったから、3袋目を開けてしまった。残り3袋はなんとか我慢して食べないようにしたが、これはお腹が空いてなくてもペロリといけてしまう。

 

先月、とある飲み会で「ふんわり名人 きなこ餅」の話になった。ラジオライターさんに、「食べだしたら止まらないですよね!!」と自分の体験談を伝えると、「手を出さないよう、視界から隠します。」とのこと。

なるほど。視界に隠すとは新しい食欲の抑え方だ。ふんわり名人の美味しさについて、この飲み会で30分以上語る、いや、1時間くらい語っていたのかもしれない。食べだしたら、止まらなくなったこの感動をぜひ味わってほしい。

ラジオのお供に食べたい。

otomeshi

毎週火曜の2時30分に放送しているラジオ番組『otomeshi 』。食べ物の美しい音を奏でる内容。ラジオでしかできない番組だ。この間はたこ焼き編を放送していた。この時間に空腹で起きている人にとっては、食べ物を食べたくなってしまうであろう。
グツグツ煮込む音、ジュージューと焼き上げる音、ひたすら量の音がスピーカーから鳴り響く。
料理が作られる過程の音、なんて楽しいんだろう。
小学校の頃、学校から帰ってきて宿題を終えて居間でテレビを見てると、お母さんが夕飯の支度を始めて、キッチンでカチャカチャしていたなぁ…そんな実家にいた頃をふと思い出してしまった。  


@otomeshi813 • Instagram写真と動画

チケットBoxを手にした瞬間

昨晩、年末のライブフェスCDJのチケットが届いていた。

いざ箱を開けてみると、BOXになっていた。

BOXを開けると、そのにはチケット、パンフレット、クリスマスカード、シールと年賀状が入っていた。

なんと、今回はクリスマスカード、年賀状、シールを用意してくれたのです。夏に主催しているロッキン、今年もBoxでチケットが届いてそう。公式のブログのスタッフ裏話を読んだところ、

このBOXは待ちわびていたフェスのチケットが届く瞬間を、より特別な瞬間にしたいという思いで製作しています。と書かれていた。

このチケットBoxを手にした瞬間、あと○日でフェスだ!と胸が踊るワクワクを感じさせてくれました。


去年と同様に封筒で届くかなと思いきや、Boxで沢山のギフトが入っていて、驚きと嬉しさのあまり写真を撮ってしまった。

またこのチケットBOX 、ロッキン2018のチケットBOXと並べると、背表紙のデザインが繋がる仕様になっているとこのと。

インスタやツイッターを見たら、たくさんのBoxの写真とコメントが溢れていました。


次のチケットBoxも気になるです。

書きます、平成最後の年賀状を

2018年は平成の年だから、今年は4年ぶりに年賀状を書いてみようと思い、先週年賀状を作りに行きました。そして、今日その年賀状が出来上がったので、取りに行ったのです。愛犬しば犬の写真を入れた年賀状になってます。この年賀状がお世話になってる方に届くのかと思うと、なんだか恥ずかしさが…。
年賀状をかくと言っても、数少ない友人に出すので、そんなに時間はかからないかと。少ないスペースに何を書こうかなと想像するだけでワクワクします。2018年に起きたことと、一番笑ったことと、よかったことを書くのがいいでしょうか。あとは締めの言葉で2019年もよろしく、と。


手紙や手書きで添えられたメモを見ると心があたたまる。以前、私の手違いである書類を再送したときのこと。再送した1週間後に、手紙とお詫びの品でオリジナルのノートが付いてきた。ノートをもらえたのは嬉しかったけど、それ以上に手書きで添えられた手紙が嬉しかったのです。その日は仕事でうまくいかず落ち込んでいたんですが、手紙を読んで元気が出たのです、ズドーンとしたテンションが、一気にアガり。
 手紙をもらったのはいつぶりであろうかと。


ラジオでメールして、採用されるとノベルティが送られてきます。封筒には、直筆のメッセージが添えられていて、一言であってまそのメッセージを見ると元気が出ます。


1分でも5分でも、不特定の誰かに対して出なくて、その書く時間を私に割いてくれている、
その時間と行為に感動というのか、嬉しくなってしまう。


手違いがあってお詫びで送られてきた方の手紙には、心が潤わされ、私も同じ行為をしていきたい、そう思ったのです。

 


話は戻り、年賀状も手紙と同じように、”アナタ”にメッセージを届けるために時間を使って、思いを伝える。
直筆のメッセージをもらう感動体験が、少しでも感じてもらえたら…と思って年賀状を書こうと思ったところです。あとは平成最後ってところもありますね。
手紙っていいもんだなぁと、いただいた手紙を読み返すたびに思います。