徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

東京湾に浮かぶ島へ。

"いつもより
心が踊る あさじかん
海の公園
いざ行かん"


晴れた日曜日の午前
遠くへ行きたい、島へ行きたい!!



そう思って出掛けた場所は
東京湾に浮かぶ、唯一の自然島
無人島、猿島へ行ってきました。

f:id:chihalun_lun:20150126105157j:plain


横須賀から少し離れたところから猿島行きのフェリー乗り場があり、
冬の季節だと土日しか運行していないのです。

f:id:chihalun_lun:20150126104850j:plain

海辺よりだから風が強いのかと思ったけれど
そこまで吹かず、肌寒さがある程度でした。


フェリーの上では風がとっても冷たかったですが。。


f:id:chihalun_lun:20150126105854j:plain



海の匂いが強く、海岸にはたくさんの貝殻が散らばり、

f:id:chihalun_lun:20150126110000j:plain

海の音を聞きながら撮影。

f:id:chihalun_lun:20150126104901j:plain


進む場所はトンネルへ。

f:id:chihalun_lun:20150126104930j:plain

f:id:chihalun_lun:20150126105024j:plain


戦時中の軍基地や砲台跡や歴史的建物を歩きながらみることができる。

f:id:chihalun_lun:20150126104941j:plain


奥に進んでいくと…

f:id:chihalun_lun:20150126105144j:plain


「あっ!」
トンネルを発見。



f:id:chihalun_lun:20150126105000j:plain

恐る恐る近寄ってみる。



トンネルの中は暗くて、
ガイドブックなどには、
「愛のトンネル」と言われているそう。

f:id:chihalun_lun:20150126104232j:plain

カップルでトンネルを入ると自然に手を繋いでしまうとか。



トンネルはいくつかあり、
くぐり抜けて進んでいくと展望台に辿り着いたり。

f:id:chihalun_lun:20150126104820j:plain

矢印に向かって急な階段を降りて行くと、
海が見える場所へ。


これをまた登っていくのがとっても辛い。

展望台にも急な坂道を登っていくので、結構体力を使います。。



こんな状態になる。
f:id:chihalun_lun:20150126104833j:plain



展望台から見える景色もこれまた良かったです。

f:id:chihalun_lun:20150126105119j:plain

ヨットが見えてカモメが飛んでいたりもする。




BBQもできるから夏にはもってこいの場所ですね。


戦時中の軍地施設が残っているからこそ行く価値はある。
これを機に洞窟や廃墟建物好きになりそうです。
トンネルに入る時がなんともいえないわくわく感。



f:id:chihalun_lun:20150126110359j:plain
ここで、猿島で考えついた短歌を一句

”無人島
   暗いトンネル
          くぐり抜け
聞こえてくるのは
        海の音〜 ”




これぞ猿島旅行記。 よっ!

f:id:chihalun_lun:20150126104909j:plain





でわ。