徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

今年1番気に入った🎬

金曜ロードショーで放送されていた
「Alwasy 三丁目の夕日’64」を見て、途中からみたのにもかかわらずボロ泣き。



映画を見てこれほど泣いたのはいつぶりであろう…と思っちゃうくらい次の日
まぶたが分厚くなるくらい泣いたってことでしょうか。笑


三丁目は3作品あるんですが、
昭和の東京を舞台にしていることから、
今の時代と昔を比較しながらみちゃいます。


三種の神器ってみなさんご存知ですか?
洗濯機・テレビ・冷蔵庫。


映像の中ではテレビ1台あるだけで、近所の人たちが集まって一緒にみたりして、
大騒ぎ。

今の生活には欠かせないものが、あのときは物珍しいものだったんだって。

ヒューマンストーリーであって、ときにはコメディ風にくすっと笑ってしまうところもあるんです!
’64では本当の幸せとはなにかを考えさせられますね。

f:id:chihalun_lun:20150517202317j:plain

そして人はいつか旅たっていくということを、
六子を演じる堀北真希さん、
淳之介演じる須賀健太くんを見ていて思いました。

この映画は、昭和生まれの人には絶対見て欲しいそう思います!

懐かしさであったり、昔のことを思い出すのではないでしょうか。

にしても、茶川さん演じた吉岡秀隆さんが最高でした!

何度見ても飽きない!




どの時代であれ、どんな場所にいても見ている夕日は変わらない。
今日の夕日はどんな夕日であろう。



心あたたまる作品でした!


夕焼けの詩 63 (ビッグコミックス)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
ALWAYS三丁目の夕日/続・三丁目の夕日/三丁目の夕日'64 三作品収納版(Blu-ray)