徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

謙虚さは好感度に繋がる

仕事の案件ではないのだが、
ライターさんと一緒に人気作家さんの取材に同席させてもらった。

作家さんの小説も何冊か読んでいて
映画化もされていて全作品鑑賞もしていた。

どんな人なのだろうか…とワクワクした気持ちと緊張でいっぱいだった。

やはり小説家だからなのか、言葉の表現力が半端ない。
どんな質問にも、自分が考えて、感じて、思うことを、言葉にしている。自分自身を客観的に見れているんだろうなぁ。

話している内容が頭の中でイメージできてスラスラと頭に入ってくる。
笑いや芸能ネタ、最新ニュースを話に取り込んでいる所に、情報のアンテナが高い。
おそらく趣味の幅がものすごく広いから、情報の感度が高いのだろう。
趣味が多いというのは本人もそうおっしゃっていた。

趣味の幅を広げる、好きなものが多いほうが人生は楽しいと思う。
だから楽しい!好きだ!時間を忘れるほど熱中している!というものがある人間ほど、
話の引き出しが多くて、面白いやつだなと思われるんだと思う。

気になった質問を直接伺って目の前で反応をみて、コミュニケーションをとる。なんてもう一生ないだろうと。
私の人生において、ものすごく濃い1時間だった。

最後の最後に、印象に残ったこと、
ものすごく謙虚な方である。
取材して頂きありがとうございました。を何度も頂き、
取材後、私達が部屋を出て行く最後まで、頭を下げて見送ってくれてた。

人柄が素敵すぎる。物腰の柔らかい、ものすごくいい人。

こんな人はいつまでも応援したい、ファンでありたいと思われるんだろうな。
と、カフェで書き起こししながら思ったこと。