徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

8月最後の1週間。

今週、弟ぬきでお父さん、お母さん、妹が3日間東京へ遊びにやって来ました。
(弟は陸上で忙しく、選抜メンバーに選ばれるために日々がんばっているとのこと。)

私が横浜へやってきてから、休みになるとよく遊びにきます。
中村家は、お正月、春休み、夏休みのお盆過ぎになるとどこかしら家族で遊びに行きます。

自分が大きくなるに連れて、
家族と一緒にどこかへいくというのがだんだん少なくなってきたと思います。
まさに、今回は弟が来なかったのも高校生になって部活動が始まったりと
小学校中学校のころはよくみんなでどこかへでかけたことが
懐かしく感じたというか、5人揃って出かける機会もなくなってくるのかなぁと思いました。
来年から私と妹は社会人、帰省する時期も変われば
みんなと時間を合わすこともむずかしくなるでしょう。


f:id:chihalun_lun:20140830014907j:plain

1年間で帰省する日が何日あって、時間で換算するとどれくらいになるのか。
家族と過ごす時間、大切にしないといけないですね。



ということで、お母さんが行きたかった虎ノ門HILLS、
妹が入ってみたかったマイメロカフェ(期間限定で朝から2時間並んだ)、
お父さんは一人行動。
ショッピングして、美味しいもの食べさせてもらって、汐留にある結構いいホテル泊まって。

家族が帰ると、あんな場所も連れて行ってあげればよかったなぁぁ〜なんて思ったり。
東京案内してたらキリないけど。


と今朝ですね、お母さんから、
「お母さん頑張って東京で買ったつけまつげ、毎日してるよ。笑笑」とわけのわからない連絡があり、
徒然なるままに書いてみました。


***

そして金曜、

1年間留学をしていた友人、小池りょうと村松ひろきと1年ぶりに会いました。
小池りょうくんとは、大学1年の冬のロンドン語学研修であって、その時は高校を卒業したばかりだった!
それから連絡はちょこちょことっていて、合コンをセッティングしてくれました。(どういう経緯でこうなったのかは覚えていません。)振り返るとネタ話になるので、興味ある人聞いてください。

村松ひろきくんとは、去年あるイベントをきっかけに会って、インターンやリライフのことについて
興味があるとのこで1度ランチをして以来の再会。それから1年留学を経て帰国し、
ある企業のインターンシップに合格し、最近までニューヨークで新規事業ビジネスを考えていたりしていたそう。


留学したら太って帰ってくると思っていたんだけど(自分の経験上)
見た目は変わっていなかったので、大学生と高校生ではやっぱり食べることにも自己管理ができるから違うのかな?!と思ったり。

どんな年齢で1年留学をしても、得るものは大きいと思うよね!
どんな経験でも、大変だったことや辛かったこと、楽しかったことを全力でやれば一生の財産になる!と留学で感じたらこそ、
今を全力で楽しめているのではないかな!


本当はBARに行く予定だったけど、居酒屋へ。

2人とも頑張ってね!( ♥ᴗ♥ )




8月もあっという間でしたわ!

土曜は大学の友人から会いたいと言われ急遽、ご飯。24時間ちょろっと見ながら、バイトして8月終わります。

会いたい!って言われると嬉しいよね。



では★