徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

Rotoruaでの日々。

観光地として有名なロトルア(ニュージーランド)といえば、

天然温泉や泥のスパとかがあります。

f:id:chihalun_lun:20090121093315j:plain

ここで私は日本を発ち、3週間語学研修?みたいな感じで

Rotoruaの学校に行っていました。

 

Auckland空港について3時間ほど離れたRotoruaの学校に、

ホストファミリーが迎えに来てくれました。

 

若いおじいちゃんとおばあちゃん夫婦。

この人たちと3週間Rotorua での生活が始まるのか…。

すんごくすんごく親切だったのですが、

カルチャーショックが自分の中で大きく中々馴染めなく、

4日間部屋で泣いている毎日が続きました。

泣きすぎて鼻がカサカサになったw。

 

初めは食べ物が口に合わない、

食べてる最中猫がテーブルの上にのってくる、

鼻を噛んだティッシュを袖の中に入れる、

食器の泡を水で流さない(水は貴重なため)、

→日本だと洗剤で洗い水で洗い流す。

 

といったことが今、思い出せる。

 

日中15時までは学校に通い、授業を受け、

15時ジャストにホストマザーが毎日赤い車で学校まで迎えに来てくるのですが、

もう家に帰るのが嫌で嫌で。

 

なぜか、、、

 

帰ってもすることがない、

英語がスムーズに話せないため会話が続かない、、、

なんてことがあったので、常に学校で友人たちと居たいと思っていました。

 

ホストファミリーの家は結構広く、

プールもありました!

んでプールに入ってのんびりしていたのですが、

 

「え、、、、。」

 

いきなり、犬も飛び込んできて

速攻プールから出ました。

 

ちょっと潔癖症だった自分には、

動物が泳ぐ水に浸りたくない、

菌が伝染りそうなど変な偏見がありました。

まぁ、こっちの人はそれが普通なんだなと思います。

 

もっとビックリしたのが、こっちの学生は

裸足で歩くし、走り回るし、運転も裸足でしていたり、、、笑

(3週間後Te awamutu地区に移るのですが、そこのホストファミリーはそうでした。)

ロトルアのホストファザーはホーランド人なので、ちゃんと靴を履いていました。

 

1週間経つと生活に慣れ、ホストファミリーともなんとか楽しく過ごせました。

週末は湖に行って、カヤックをしたり。

f:id:chihalun_lun:20090117113525j:plain

2週間めの週末は、友人の家にお泊りに行き、カラオケnightをした覚えが。

山にも上り、お世話になりました。

その友人の家はめちゃくちゃ綺麗で羨ましかったのは記憶にある。

 

3週目の土曜日がlastday。

Rotorua のホストファミリーと別れ、

本格的に11ヶ月スクールライフを送るTe awamutuという町へ。

別れるのが辛かったな〜。

泣きました。

3週間わがまま聞いてくれてありがとうと感じました。

最後はhugをして、車の後ろのガラス越しで手を最後まで振っていたけな・・・・。

やばいめちゃくちゃ懐かしいw

その7ヶ月後にRotoruaに戻る機会があり、運命的にも再会することができたのです。

 

という感じで3週間はあっという間に過ぎました。

f:id:chihalun_lun:20090128111034j:plain

こちら、3週間お世話になったkiwiの先生。

この頃の自分わかいなーw

痩せてる。。。

 

次の11ヶ月過ごすTe awamutuでの生活がまた厄介でした!

 

 (続く...)