徒然日記

日常の些細なことのキロク。心に残る映画のことを積極的に紹介。

【映画】ワンダー 君は太陽

家族系の話は涙腺崩壊する。「見た目は変えられない。見る目は変えられる」校長が言った言葉が残る。生まれたときから顔に障害があり何度か手術をして、普通の子とはちょっと見た目が違うオギー。 低学年までは自宅学習にしていたけど、母の薦めではじめて学…

【メモ】村上信五くんと経済クン「ベーシックインカム」

4月から文化放送で放送しているラジオ番組「村上信五くんと経済クン」 ゲストを招いてお金のことを話します。 思った以上に、面白く知らない知識を聴きながら学べるのでメモ。社会学者の西田亮介さんがゲストで出演。 「ベーシックインカム」とは何かを説明…

【映画】万引き家族

是枝監督が表現する家族のかたちを描いた作品。 見終わった後にじんわりとくる余韻に、家族とは何かを改めて考えさせてくれる。万引きをしながら、5人の家族は小さな一軒家に住んでいる。スーパーで万引きをして商店街のコロッケを買って食べながら家に変え…

【映画】恋は雨上がりのように 人生において雨宿りって必要だなと思った。ちはやふるに続く青春映画!

ちはやふるに続く青春映画! 原作は読まずに鑑賞。 意外にも笑い吹き出すシーンが多くて、楽しい!ほぼ、大泉洋さんが出てくるシーンですです。陸上大好き、最高記録を出したあきら(小松菜奈)がアキレス腱を断絶してしまって、ファミレスでバイトし始めて…

【映画】孤狼の血 考えるよりも感じろ。渋い、痛い、熱い映画。

東映のオープニングといえば3つの岩に荒波が打ち付け、三角形のロゴマークが飛びだすシーンが有名。東映のロゴを久々に見た気がする。昭和終わりの広島刑事とヤクザのお話。いや〜激アツだった。 身体の内側からゾクゾクして、途中気分悪くなって、涙して、…

【映画】タクシー運転手

初、韓国映画、素晴らしかった。 1980年光州で起きたデモ事件を描いた内容。日本からきたドイツ記者が光州の事実を伝えるために、命がけで動画を撮る。ソウルで貧乏な運転手は光州まで外国人を案内するだけでお金がもらえることを耳にして、ドイツ記者を乗せ…

深夜ドラマ「ラブリラン」が面白いのだ。

木曜23時59分から日本テレビ・読売テレビで放送中の「ラブリラン」 放送が始まるとTwitterでは黄色い声援が聞こえてくる。 今シーズン、ドハマリのドラマです。先日、映画Webマガジンで深夜ドラマ記事を執筆させていただきまして、 春クールの深夜ドラマでは…

BONNIE PINKさん、3年というブランクを感じさせない、透き通る歌声に感極り。

GW最終日は六本木ヒルズアリーナで開催されたJ-WAVE TOKYO MAPSのフリーライブを観てきた。 大トリのBONNIE PINK さんを目当てに、前のほうでスタンバイ。 ステージにたつのは3年ぶりとのことです。 長かった髪をバッサリと切られて、ショートカットになって…

越前海岸 散歩日和

福井県越前海岸沿いを車でドライブ。 雲がかかっていたけど、天気がよく夏の始まりを感じさせる気候だった。 意外にも越前海岸沿いは、フォトスポットが多かった。 聞こえてくるのは、波の音、風の音。 車から降りると、心地よい風と夏のワクワクさを感じさ…

渋谷すばる37歳、人生の決断。

ここ毎朝通勤で関ジャニ∞を聴いている。 先週末、渋谷すばるの脱退が正式に決まって、あぁ本当だったんだと思いながらも、ニュースが流れた時は、とくに「なんでだろう?」とか思わなかった。ただ、なんで今なのか、せめて2020年のオリンピックが終わるまで…

【映画】ロンドン、人生はじめます。人生はなんとかなる!です。

・この映画を見た感想を一言 エミリー役を演じた、ダイアン・キートンがとてもチャーミングだった。70歳になっても愛おしい可愛らしさがあった。 「人生成るように成る」といったことをダニエルキートン演じるエミリーを見ていて感じた。 何が起こるか分から…

【本】苦汁200% あの日のこと

クリープハイプボーカルの尾崎さんの日記。1日なにがあったかが書かれている。嬉しい日、楽しい日、辛い日、イライラした日の感情を ストレートな言葉で綴られている。忙しいのにもかかわらず、思ったことを記録する、大変だろうけど続けてらっしゃる。言葉…

【映画】ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書 

仕事映画!報道の自由を解く物語。 キャサリン役のメリル・ストリープの演技が自然だった。 プラダを着た悪魔の編集長が頭に蘇ったけど。 時代は1970年代。女性の社会的地位はまだ低い中で、キャサリンが戦う姿はかっこいい。政府から最高機密文書のペンタゴ…

【映画】「ウィンストン・チャーチル」 チャーチルそのものだった。言葉の力の凄さ。

アカデミー賞作品! ゲイリーオールドマンのチャーチルがお見事!! チャーチルの特殊メイクした辻さんに盛大な拍手を!!一度は映画業界離れた辻さん、ゲイリーからの強烈な依頼に答えて戻ってきたとのことで。 メイクは完成まで3時間。メイク中は、黙って…

東京ミッドタウン日比谷で鑑賞

東京ミッドタウン日比谷 プレオープン、 一足先に入場してきた。 ニューヨークのグランドセントラル駅のような造りと天井。地下から直結していて、空気が変わる。 新しいtohoシネマ CINEMA PALACE 映画の宮殿をイメージしたのだそう。 広くてカーペットもお…

【映画】『ナチュラル・ウーマン』人は困難を乗り越えて強くなる。

主人公バイセクシュアルのマリーナの生活の一部を切り取った映画だった。トランスジェンダーのヒロインを演じるのは、実際にトランスジェンダーである ダニエラ・ヴェガという役者。素晴らしい熱演だった。 トランスジェンダーの主人公のマリーナの恋人は病…

【映画】『曇天に笑う』イケメン揃いのアクションムービー

内容はシンプル、ファミリー向けにはいいんじゃないかと思う。300年に一度、災いをもたらす大蛇を阻止するために、雲家の長男(福士蒼汰)、次男、三男と 大臣の部隊たちが封印するために別々の方向で立ち向かっていくお話。対象年齢は低めに設定されている…

【映画】『ちはやふる』は青春映画の金字塔になると思った。

上の句・下の句・結びの3部作。 青春をかるたにかけた高校生の物語。 本作はじめてスクリーンでみました。 弾かれる札が、スクリーンを超えて飛んでくるんじゃないかと思わせる迫力と音に 心臓やられました。おそるべしかるた競技。高校生にしか味わえない時…

【映画】坂道のアポロン ピアノとドラムのセッションに涙。

友情、恋、ジャズ、青春映画。 高校生の男子2人と女子高生1人の スイングする心情に、うるっと涙。主人公の西見薫(知念勇気)と川渕千太郎(中川大志)のピアノとドラムの熱いセッションがすごい。実際、西見を演じた知念くんはピアノを弾いたことがない…

【映画】シェイプオブウォーター

人間と不思議な生物が恋におちるってどういうことだ??と思いながら観た。美女と野獣みたいな感じなのかな。自分的には「?」って思うところがあったけど、恋に落ちる展開が早すぎて、感情移入できなかった。でも、脚本、映像、音楽、カメラワークは良かっ…

【映画】『去年の冬、きみと別れ』 愛と狂気と復習に満ち溢れたお話。ネタバレなし。

中村文則さんのサスペンス小説の実写化、 映画館の予告を観て面白そうと思い、先に原作を読んでしまった。 ただ、原作は自分の理解力が乏しいからか、 流れや映像はつかめるけど、シーンが繋がらないというか、原作の中では"僕"を指しているのが主人公の耶雲…

【映画】15時17分、パリ行き

”人生は大きな目的に向かって導かれている” 人を救うがテーマであり、日々の積み重ねがいつしか役に立つ時が来る。 2015年8月21日アムステルダム初のパリ行きの列車で起きたテロ事件。 軍平、州兵、学生である中学から幼馴染である25歳の3人はヨーロッパ旅を…

【映画】『あなたの旅立ち、綴ります』はハートフルコメディ。

【全力で生きた人の人生は、一緒に生きてきた人の記憶に残り続ける】 人生で遅すぎることはない、いつだって挑戦できると勇気を貰える。可能性がある限り、なんでも挑戦してみるものだと思う。 行動することで、周囲の目が変わり、自分が見ている景色が変わ…

【映画】今夜、ロマンス劇場で

【色があるって素晴らしい】 幸せなんだけどどこか切なさがあって、今年2度目の涙。9年かけて描いたオリジナル脚本とのこと。映画の世界と60年代の世界がスクリーンを飛び出してきたお姫様を通じて繋がった感じがある。 60年代を舞台にしていて昔ながらの劇…

2月の本

「たった一通の手紙が、人生を変える」 水野敬也 朝井リョウさんがつんくさんに送ったファンレターの内容が素晴らしいことを 何かで知って読んだ。 ファンレターって”自分を知ってほしい”ために、 ファンに手紙を書いちゃうけど、 そうじゃなくて、 その人や…

【映画】グレイテスト・ショーマン は、人間の欲を上手く描いたミュージカル映画

ララランドのスタッフが手がけるミュージカル映画。 一言…素晴らしい!! 曲が終わるごとに席を立って拍手したくなるくらい良かった。 オープニングからしびれる、鳥肌がたった。 ストーリー自体はシンプルだけども、胸が踊る音楽と美しい映像、テンポのよい…

【映画】犬猿

「ヒメアノ~ル」の監督が4年ぶりにオリジナル脚本でメガホンをとる。 同性の兄弟や姉妹がいる人は、あんなことあったなぁとかくだらないことで口喧嘩したなぁって 思えるシーンがある、きっと。犬猿=仲悪いもの同士のぶつかり合い。 それぞれの兄弟、姉妹…

【映画】ベロニカとの記憶

【人の記憶は年月が経つと、都合のいいように作り変える】 とてもとても優しい映画だった。おじいさんの回想ノスタルジー映画。 60を過ぎて1人で暮らす主人公トニーの元に一通の手紙が届いて、トニー宛に遺した日記があると。その手紙を送ってきたのは、大学…

【映画】スリー・ビルボード

予想できない衝撃なことの連続に感想が述べにくい。 アメリカの人種を上手く入れ、脚本賞、観客賞、作品賞、、、と多くの賞を獲る理由が分かる。 アカデミー賞にもノミネートされている。 怒りと愛が登場人物の心を動かしていく。・ 舞台はミズーリ州の田舎…

【映画】blank13 は涙と笑いが詰まった物語

【観た人の心と脳裏に、家族の風景が思い浮かぶと思う】俳優の斎藤工さんが監督を務めた映画。 観終えた後に残る、あたたかさや優しい音の余韻が寝るまで残っていた。 余韻が消えないうちに感想を。笑えて時には涙が目に浮かぶ。 涙と笑いをうまく融合した内…